• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すはだの学校 * シンプル3ステップ

IMG_4880_20150212110147e6d.jpg


美しさを『容(かたち)づくる』のではなく『養(やしな)う』

「体の中から美を養う」をコンセプトとした
素肌本来の力を呼び覚ますシンプルなスキンケア。

『あきゅらいずのシンプル3ステップ』
の内容はこちら


rip-body01-5.png


1【泡石(ほうせき)】(洗顔石鹸)で洗う
2【優すくらぶ(ゆうすくらぶ)】(洗い流すパック)で整える
3【秀くりーむ(しゅうくりーむ)】(スキンケアクリーム)で潤す。

「洗う」「整える」「潤す」この3ステップで
“すっぴんでも自信のもてるすはだ”に導いてくれるんだって。




IMG_4891.jpg201502101605090ce.jpg
IMG_4889.jpg2015021016063483d.jpg
IMG_4890.jpg20150210160657cd4.jpg


「すはだの学校」では

【泡石(ほうせき)】の泡立て方
顔に泡をのせる順番、洗い流し方。

【優すくらぶ(ゆうすくらぶ)】の適量、使用方法
洗い流し方。

【秀くりーむ(しゅうくりーむ)】の適量
なじませ方。

などなど、丁寧に教えてもらえました。


20150210160537b04.jpg


洗顔は
石鹸を泡立てるところから始まるのかと思ったら
洗顔に適した湯温(33度)を作るところからはじまるの。

お湯の温度が高すぎると
肌が乾燥してしまうんだって。

また、洗顔石鹸は手で泡立てるのを推奨。
泡立てネットは手早く泡立って便利なんだけど
手で泡立てる方がキメが細かくなるような・・・。

時間はかかるけど、なんだか楽しくて
じっくり泡立てているうちに気持ちも落ちつくのか
自然と丁寧に洗いたくなるから不思議。


2015021016075041b.jpg


あきゅらいず美養品さんの考え方には、
スキンケアの方法以外にも
共感する部分が沢山あって・・・


その中でも
特に印象的だったのは

「ひとは暮らしによって美しくなる。化粧品はそのサポート」=「美養品」

しっかりメイクをすることで、キレイになる
というのではなく

「化粧品2割×食生活などの暮らし8割」を大事にして
イキイキとした素肌を養おう。

と、いう「2×8」の法則。


ただ顔だけをケアするのではなく、
体全体からの健やかな美しさって

理想的な美のあり方ですよね


20150210160732aa7.jpg20150210160716eae.jpg


東洋医学の考え方も取りいれていて
商品のすべてに『草根木皮だまり』という
オリジナルにブレンドした東洋ハーブのエキスが配合されているんですよ。

| 美容 | 2015-02-17 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT