FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

≫ EDIT

そのまま食べても料理に使っても美味しい♪「一丁寄せ生とうふ」

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


太子食品工業株式会社のモニターに参加させていただき
一丁寄せ生とうふ」を食べてみました


20200819155914535.jpeg


【一丁寄せ生とうふサラダ】


202008191558178ea.jpeg


濃厚な大豆のうまみと
つるっとした食感が美味しい
「一丁寄せ生とうふ<きぬ>」は、
そのまま冷ややっことして食べても

生野菜と一緒に豆腐サラダとして食べても
さっぱりと食べられて美味しいですよ。

暑い日の食卓にもぴったり。


作り方・材料(約2人分)

〇材料〇
一丁寄せ生豆腐<きぬ>・・・1/2丁
レタス・・・2枚程度
キャベツ・・・1枚程度
ニンジン・・・1/3程度
トマト・・・1/2個
ツナ缶・・・適量
青じそドレッシング・・・適量
マヨネーズ・・・適量

〇作り方〇
1:ちぎったレタスや千切りキャベツ、ニンジン、トマトなど野菜の上に
食べやすい大きさに切った一丁寄せ生とうふ<きぬ>をのせ、
さらにツナをのせる。
2020081916000792e.jpeg202008191600087f3.jpeg202008191854280a1.jpeg

2:青じそドレッシング と マヨネーズをかけて完成♪
202008191558178ea.jpeg







【一丁寄せ生とうふdeふわふわ玉子炒め】


20200819155818eaf.jpeg


炒めても崩れにくい
「一丁寄せ生とうふ<木綿>」
玉子 と とろけるチーズと一緒に炒めるだけでも美味。


作り方・材料(1~2人分)

〇材料〇
一丁寄せ生とうふ<木綿>・・・1/2丁
玉子・・・3個
とろけるチーズ・・・1~2枚
ケチャップ・・・適量

〇作り方〇
1:一丁寄せ生豆腐<木綿>を食べやすい大きさに切る。

2:フライパンをあたため、油(分量外)をひき
  豆腐を炒める。

3:さらに玉子3つを割り入れ、かき混ぜながら炒める。
2020081916001072c.jpeg

4:とろけるチーズを加え、さらに混ぜながら炒める。
20200819160011b9b.jpeg

5:お皿に盛りつけてケチャップをかけたら完成♪
20200819155818eaf.jpeg






【一丁寄せ生とうふとナスの豚バラ巻き】


20200819155819d10.jpeg


一丁寄せ生とうふを
豚バラで巻いてボリュームアップさせれば
夕飯の主役としても大活躍♪


作り方・材料(2~3人分)

〇材料〇
一丁寄せ豆腐<木綿>
豚バラ・・・約200g
ナス・・・1本

☆醤油・・・大さじ2
☆酒・・・大さじ2
☆みりん・・・大さじ1.5
☆砂糖・・・大さじ1.5
☆水・・・大さじ3


〇作り方〇
1:一丁寄せ豆腐<木綿>をパックから出し
  キッチンペーパーでくるみ
  軽く水けをきる。
202008191600581c5.jpeg

2:豆腐を16頭分に切る
20200819160100708.jpeg

3:ナスは2~3mm程度のいちょう切りにする。

4:豆腐の上から、茶こしなどに入れた片栗粉を軽くふりかけ
  切ったナスを乗せる。
2020081916010108b.jpeg

5:豚バラで、ナスを乗せた豆腐を巻く。

6:豚バラで巻いたものに片栗粉をまぶす。
202008191601032e7.jpeg

7:☆の調味料を混ぜておく。

8:フライパンをあたため
  油(分量外・約大さじ2)をひき
  中火で小麦粉をまぶした豚バラ豆腐を
  外側かカリッとするくらいまで炒める。
202008191601046f4.jpeg

9:いったん火を止め、
  混ぜておいた☆の調味料を
  炒めた{8}の上からかけ、弱火にして絡ませる。

10:調味料が豚バラを巻いた豆腐に絡み
  とろっとしてきたら完成です。
20200819155819d10.jpeg






20200819155917ba1.jpeg20200819155918030.jpeg

20200819155915d8e.jpeg20200819190342df2.jpeg


一丁寄せ生とうふは、
甘みとイソフラボンの多い大豆を厳選し、
太子食品工業独自の製法により
豆の美味しさを最大限に引き出した豆乳を使用。

衛生的な製法・製造ラインでお豆腐を作っているから
熱殺菌をしておらず、美味しさそのまま。

大豆にも製法にもこだわったお豆腐だから

そのまま食べても
料理に使っても
大満足の美味しさでした


20200819192831f32.jpeg

あ、あと
細かいことなのですが
写真のように角の部分から
お豆腐のパッケージを手で開けられるところも好きです。



太子食品のサイトには、
「一丁寄せ生とうふ」の魅力を紹介した
可愛い漫画もあるのでチェックしてみてくださいね。
おいしい食べかた

| おうちごはん | 2020-08-19 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

資生堂【洗顔専科 パーフェクト ホワイトクレイ】試してみました♪

2020072919571621e.jpeg


ワントーン明るい肌を手に入れるべく
資生堂 【洗顔専科 パーフェクト ホワイトクレイ】を試してみました


20200729195714d3f.jpeg


【洗顔専科 パーフェクト ホワイトクレイ】は、
天然のミネラルを豊富に含んだ泥「ホワイトクレイ」配合の洗顔料。

ホワイトクレイ配合のミクロな濃密泡で
毛穴の奥深くの汚れやメラニンを含む古い角質もすっきり。
ワントーン明るいすっぴん肌を目指せちゃう洗顔料なんですよ。

⇒ パーフェクトホワイトクレイの公式ホームページはこちら


20200729195718923.jpeg


泡立ちが良くて
気持ちのいい洗い心地。

毛穴汚れが気になっている
小鼻の周りもすっきり洗えました。

フローラル系の香りにも私好み♪


20200729195720676.jpeg


この洗顔料を使うまでは、
クレイ配合の洗顔料って
確かに毛穴汚れには強いけれども
洗い上がりが乾燥しやすいようなイメージをもっていたんです…

でも【洗顔専科 パーフェクト ホワイトクレイ】は違いました!

天然由来シルクエッセンス・Wヒアルロン酸 配合し

より肌にうるおいを感じることができる
洗顔専科独自の
「うるおい導入技術」を新たに採用しているからなのかな。

すっきりさっぱり洗えるのに
洗い上がりの肌はつっぱることもなく
しっとりもっちりな手触りで
嬉しい限り。


* 洗顔専科様のプロモーションに参加中です *

| コスメ・美容関連 | 2020-07-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

水回りのお掃除に大活躍♪【輝き洗剤キーラ】

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

サンスター株式会社のモニターに参加させていただき
輝き洗剤キーラ<水まわり用>】を使ってみました。


20200711220122e8f.jpeg


輝き洗剤キーラ<水まわり用>
キレイ・簡単・時短の
3つの要素を兼ねそろえた
水回りのお掃除用洗剤


高級ホテルでも使われている
業務用の洗剤を
一般向けに商品化したものなのだそうですよ。


202007112201213ea.jpeg


キッチン・洗面台・浴室・食洗器・
お風呂場の洗面器やイス
 など…
これ1本で様々な水回りの掃除に大活躍!


2020071122012479f.jpeg


クエン酸+4つの洗浄成分+高清掃材(研磨剤)
水アカも石鹸カスもヌメリ汚れも ピカピカに

超微粒子の高清掃材だから
表面も気づつけにくいところもありがたい

ヨードで嫌な臭い対策もばっちりです


202007112201271b8.jpeg


キッチンの掃除に使ってみたら
いつものスポンジに
【輝き洗剤キーラ】をつけて洗っただけなのに

汚れが気になっていた排水溝のゴミ受けも
ピカピカになりました

特別な道具を用意する必要なく
いつものスポンジでお掃除できるところも便利~。




輝き洗剤キーラ<水まわり用>は、成分中に
界面活性剤が配合されています。

そういえば石鹸などの界面活性剤って
新型コロナウイルスへの効果が期待できるんだっけ!?

と思って
界面活性剤のウイルスへの効果について
WEBで調べてみたところ

界面活性剤って一口に言っても
いろんな種類があるんですね。

経済産業省のHPには
現在新型コロナウイルスに対して有効と判断されている
界面活性剤が7種類掲載されていて

【輝き洗剤キーラ】に使われている
界面活性剤(17% 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)は
新型コロナウイルスに対して有効と判断されている界面活性剤
7種類のうちの1つとして
しっかり明記されていました

| キッチングッズ | 2020-07-09 | comments:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT